蒼い剣士と青い魔術士のまったり冒険記

ネクソンのメイプルストーリーあんずサーバーで暗躍してるロキアルドとシュウレイの日記です。暇なときにでもご覧ください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-03 [ Sun ]
こんにちはシュウレイです。
ひな祭りですね、耳の日ですねっ
ひな祭りなのに物騒なタイトルですねっ


今回はめいぽの攻略とか日記とは関係のない記事ですー。
ショートストーリー「桜花、血に濡れて」をお送りします。


破天蒼月外伝
メイプル+異世界の戦国舞台のお話です。



本編はどうしたって・・・聞こえない、聴こえない、キコエナイ。
耳の日だけど。
きこえないものは、きこえないっ!

ずっと書きたかった深雲のストーリーです。


興味のない人はUターンで華麗にスルーしてください。
散り行く桜が火の粉に見えるのは悪鬼の所業だろうか。
虚ろに見える瞳にどうか、その明かりを。
たとえそれが血塗られた道であっても。
どうか、幸あれ。


春を間近に控えながら、きりりと澄んだ空気はいまだ冬である。
刺さるような寒さは実に身が引き締まる思いがする。
腰に挿した刀の位置を直す。
願掛けの長髪はしっかりと3つ編みに編みこみ、乱れもない。
このような寒い日が続いているが、妹ーみゆかは元気だろうか。
寒空の中にしっかりと立つ桜はまだつぼみすらつけておらず、
昨年の春にその下で舞踊っていた妹の姿を夢のようにすら感じる。
屋敷の中に甲高く聞こえていた声もない。
ただひたすらにため息のみがむなしく響いた。

自分に力があれば、あの縁を断らせることができただろうか。
それとも、兄者たちのように喜んでしまっていただろうか。
声をあげて泣くことを許されず、微笑みながら涙をほほに伝わせていた妹を自分はどうしたであろうか。
そして現状を考えると、吐き気がすることが起きている。

思考がぐるぐるとめぐり、次第に上下に闇の帳が迫ってきて震える。
このまま目覚めぬなら夢と思えてそれも幸せであろうか。
ぐるぐると気分悪く回る思考をさえぎるように、重いものが落ちる音が響きわずかに地面を揺らした。
砂埃と始末し損ねた枯葉が舞い上がる。

私は腰の刀に手をかけて、重いものが落下したであろう木の下へと向かった。
木から落ちたのであろうか。木の下のは、不思議なものが落ちていた。
人の形はしているが、背格好、顔立ちはわが国のものとは異なるようだ。
なんとも体の大きな男だ。
異国の・・・もしくは異形のものであろうか。
落ちた衝撃からか、頭からは血を流し、苦悶の表情を浮かべている。
うわ言をいっているが、聞き取れない。
何者かはわからないが、けが人をほうって置くわけには行かない。

真に・・・このようなときに・・・やっかいな。
どこの何者か知らないが、このようなやっかいなものを兄者たちに見せるわけにもいかず、私はこっそりと自分の部屋へと運ぶことにした。




幸いにして、兄者たちは私の住む離れには寄り付かない。
このような異形のものをかくまっていることも、隠し通せる自信はあった。
怪我をしているとはいえ、傷は浅く高いところから落ちたとは思えないほどであった。
「応急処置で済む程度で良かった」
さすがに、医者を呼ぶとなるとことが大きくなりすぎる。
私の発した声が聞こえたのだろうか、男は意識を取り戻したようで、ゆっくりと目を開けた。
深い海の色のような髪の色と同じ瞳の色。
まだボーっとしているようだが、切れ長な目からの眼光は鋭い。
額を包帯ごと覆うようにその大きな手のひらで抑える。
「痛むのか?」
傷は浅くても頭に衝撃が残り死ぬこともあると昔、剣の師匠から聞いたことがあった。もしやそのような状態ではないかと少々心配になった。
男はちらりと私をみた。
思わず声をかけたのだが伝わっているかもわからず、医者でもない私はそれ以上手を出すこともできないのでただじっと座って男を見つめた。
「この国のものではないようだが、言葉はわかるか?」
男は頭から手を離し、まっすぐと私を見た。
鋭い目つきだが、敵意らしきものはなく、もともとの目つきの悪さだろうことがなんとなくわかった。蒼い瞳はまっすぐに俺を見つめ、上下に確認する。
「わかる。だが、自分の国でもないようだ。ここはどこだ?」
やや低めの声で男ははっきりといった。
言葉は滑らかに、まるで自国の言葉のように異国の顔立ちの唇からつむがれる。
言葉に違和感はないが、あまりに滑らかな違和感。
私は刀から手を下ろすことができなかった。
「ここは倭の国。私は中御門家三男、深雲。そなたの名は?」
「ロキア・・・ロキアルド」
静寂の中、静かな声が響いた。
異国の響きの名は澄んだ音で、違和感も交えて耳に入る。
発するのには困らないが、人の名前と認識するには時間がかかりそうだ。
「ではロキア殿。2つほど質問をしよう。まじめな話だ。そなたは天狗等の妖怪のたぐいか?そしてなぜ庭木からおちてきたのだ?」
ロキアルドは鋭い目を一瞬丸くしてきょとんとした顔をしたあと、噴出すように笑った。
あまりにからからと笑うので、私はまじめな顔を崩して、思わずじと目でみつめた。
すると、さすがにその険悪な顔に気がついたようで、ロキアは呼吸を整えて表情を戻そうとした。
だが、口の端にまだ笑いのかけらが残っているようで、やや持ち上がっている。
「いあいあ、すまない。天狗とはびっくりして。確かに私は異国のもののようだが、天狗ではない。もともとビクトリアアイランドという島からオシリア大陸へとうつる途中だったのだが、敵の襲撃にあって船から落とされたはずなんだ」
私の顔は今までの人生の中で一番よくわからない表情をしていることだろう。船とは海を行くもので、このような山奥の国に届くはずもなく、そして聞きなれない国だろうか、島だろうかの名前。なにもかもがよくわからないことばかりだ。
「よくわからないだろう。私も良くわかっていない。なにぶん、空飛ぶ船だからもうだめだと思ったんだが、なぜか助かっているし、おまけにきいたこともない国にたどり着いている。いろいろなことが起き過ぎて自分自身もどうしたらいいかわからない。ともかく、助けてくれてありがとう」
ロキアは頭を下げる。背の低い私からは下げてもまだ高い頭。少々の苛立ちはあるが、礼として受け取る。
「怪我人をほうっておくわけには行かなかっただけだ。当然のこと。だが、少々面倒なことになった。わが国は非常に閉鎖的で、異国のもの、異形のものには冷たい。いっそうのこと天狗であったのならば山へ帰れといえたのだが、その様子だと帰り方もわからないであろう」
ロキアはあごに手を添えてうつむき考え込む。しばし考えている様子だが、良い案もないようで眉間にしわがより始める。
私も刀には手をかけたままであったが、反対の手は胡坐をかいた膝に頬杖をついて、ロキアを見つめた。
なにかいい方法は・・・と思うがいい方法は一向に思いつかない。
手があまりの静寂に暇となり、刀の飾り紐で遊びはじめる。
「しかたない・・・いい方法が見つかるまでだ。その姿を隠してこの部屋に潜むといい」
しばらく考えたが私自身もいい方法が見つからず、無碍に追い出すわけにも行かず。
行く当てもない異国のものを私はかくまうことにした。
兄者たちにさえ見つからなければ、この離れにいるものは私の親しいものばかり。
だいじょうぶであろう・・・

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aoihutari.blog7.fc2.com/tb.php/901-b9539034

 | HOME | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

プロフィール

ロキア&シュウレイ

  • Author:ロキア&シュウレイ


  • あんずで活動してる二人です。
    まったりまったりです。
    2012年3月8日に夫婦となりました。
    頑張って更新して行くつもりです。
    ロキアルドは剱士職でで暴れています。
    シュウレイはデュアルブレイド・アヴェンジャーの育成をがんばっています。





    平成22年2月22日設置



    このカウンターは満剣戒十様
    作成された素材を使用させていただいてます。


    コメント禁止ワード
    【http zip fc2 com】


    キャラクター紹介
    アヴェンジャー
    蒼剣士ロキア:
    現在メインとなるアヴェンジャー
    レベル222を目指す。
    蒼き剣をその手にして快進撃中。
    蒼い剣士ロキアルドIN蒼光の軌跡
    ROKIARUDO:
    グリュンヒルを使う蒼い剣士
    二つ名は蒼光の軌跡
    レベル200のヒーロー
    2010年2月9日0時13分
    覇王となる
    ロキアルド4c
    剣豪は2体レベル200までする。
    INT特化した剣豪をメインとし活動する。
    そして今はSTR極!


    シュウレイINドラゴン3k
    シュウレイ:
    青龍と白虎を巧みに使いこなす
    青い魔術士
    破天蒼月の異名をもつ。
    レベル200のアークメイジ(雷氷)
    2009年12月4日0時24分
    魔王となる

    アリューネス
    アリューネス:
    時間に忘れたれた者。
    己の信念と拳を信じ、
    時を逆さに巻く。
    レベル200のバイパー
    2012年4月16日22時16分
    海王となる
    ミュディスト
    ミュディスト:
    紫闇が世界を駆け抜けた。
    多種多様なスキルを使いこなし
    2012年6月18日22時
    怪盗として英雄となる。
    みくもちゃん
    中御門深雲:
    影を切り裂く紅き電光石火
    居合いの極意を見せつける!
    2012年8月14日22時
    疾風の刃として名を轟かす!
    ファルセニア3
    ファルセニア:
    復讐の刃として世界を巡る。
    凶撃は何もかもを切り裂いて!
    2012年10月10日22時
    高き志しを持ち、新たな旅へ!





    FC2ブログランキング参加中:
    グリュンヒル
    の「メイプルストーリー」に登録してみました。よかったら応援してやってくださいませ♪

    蒼い2人の豆知識
    少しは役立つかもしれない管理人のプレイして得た豆知識。
    プレイしたいなと思う人も、プレイしてる人もよろしければご活用を♪


    20070907103125.jpg
    FC2ブログ内でのコミュを作成しています。
    FC2ブログでメイプルストーリーの日記などを書かれている人は良かったら参加してやってください。




    主張バーナー:
    ☆メイプルのブログ更新新着順☆
    ロキアルドが
    リスペクトしているブログ
    Powered By 画RSS

    財前ゴウの総回診


    下記のワード関連にてここに来た方。
    私らが捕まえた詐欺師と同一人物ですので、
    被害がありましたらご連絡を。
    詐欺師の連絡先をお教えします。

    WM詐欺ブログです。
    アラフォーあきこの装備販売@INT 
    INT装備販売。 売れ次第終了。
    http://akikouri.blog85.fc2.com/
    blog-entry-1.html
    http://akikouri.blog85.fc2.com/
    akiko_ara4@yahoo.co.jp

    MapleStory キャラクター売買スレ 十一
    http://unkar.jp/read/schiphol.2ch.net
    /mmosaloon/124323954172:
    ネトゲ廃人@名無し[]:
    2009/06/22(月) 15:03:22 ID:JLMnsR2Q
    【買い】
    【鯖】 花梨か杏
    【職】 NLかBM
    【Lv】 120程度または↑
    【性別】 ♀希望。♂でも一応可。
    【装備】 どちらでも
    【取引手段】 wm
    【メールアドレス】akiko_ara4@yahoo.co.jp
    【その他・備考】
    詳細はメールで。
    NlはTT必須
    弓はSE20が成功していたら嬉しいです。

Twitter

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
1695位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メイプルストーリー
102位
アクセスランキングを見る>>

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。